台湾・韓国プロ野球まとめ@5ch

台湾、韓国を中心にアジア野球の話題をまとめるブログです

    d_13958011

    https://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1611661971/

    1: 風吹けば名無し 2021/01/26(火) 20:52:51.47 ID:43gAHTTCp
    さっそく〝戦力〟となった格好だ。台湾のケーブルテレビ局「MOMO TV」が25日に2021年の阪神主催試合の放映権を取得したと発表した。オープン戦、公式戦だけでなく、クライマックスシリーズの阪神主催試合も台湾の野球ファンへ向け届けるという。

    目玉は台湾出身選手としては球団史上8人目となる今季新加入のチェン・ウェイン投手(35=前ロッテ)。今季は台湾出身の巨人・陽岱鋼外野手(34)との直接対決も実現しそうで、関心も高まっているようだ。
    https://news.yahoo.co.jp/articles/7ec1d89414587f8b6016d32f3d8aef2261ef11cd

    【「チェン効果」台湾ケーブルTV局、阪神主催試合を全て放送へ】の続きを読む

    • カテゴリ:
    spo4_181113

    https://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1611649859/

    1: 風吹けば名無し 2021/01/26(火) 17:30:59.36 ID:MGa4rjTwp
    2000年に韓国KBOリーグに参入し、これまで4度の韓国チャンピオンに輝いたSKワイバーンズを、流通大手のシンセゲ(新世界)グループが買収することがわかった。

    新球団の親会社は同グループの大手スーパーマーケット・イーマートになると見られる。25日の夕方に韓国の一般紙・朝鮮日報が第一報を伝え、後に関係者の証言で明らかになった。
    (1月26日11時51分追記:SK球団から「SKテレコムとシンセゲグループが球団譲渡に関する基本合意書の締結を行った」と発表がありました)

    SKは通信、石油関連事業を行う巨大グループで、プロ野球チームは通信会社のSKテレコムが全株式を所有している。2007年に名将キム・ソングン(金星根、現ソフトバンクコーチングアドバイザー)氏を監督に迎えると初優勝。韓国代表として出場したアジアシリーズでは中日に勝利し、同大会でNPBのチームから初めて白星を挙げたチームとなった。
    翌08年には左腕投手のキム・グァンヒョン(金廣鉉、現カージナルス)などの活躍で連覇。10年にも王者となった。また18年には元日本ハム監督のトレイ・ヒルマン氏がチームを率いて韓国シリーズを制している。

    SK球団はスポーツとエンターテインメントの融合や、本拠地球場のボールパーク化にいち早く取り組み、先進的な球団として球界をリードしてきた。また子供の運動能力指数を高めるアカデミーを教育機関と連携して運営するなど、社会貢献活動に熱心な球団としても知られている。

    • カテゴリ:
    315404fab3eea3fedc900703fd2e89d5_1596808673_l

    https://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1597556363/

    1: 風吹けば名無し 2020/08/16(日) 14:39:23.48 ID:NEg0wjnn0
    岩瀬仁紀を超えた!元阪神タイガースのオ・スンファン、日米韓通算408セーブでアジア記録更新!

    元阪神タイガースのオ・スンファン(サムスン・ライオンズ)がアジア通算セーブ新記録を打ち立てた。

    オ・スンファンは8月13日の斗山ベアーズ戦で8回表に登板し、1.1イニングを無失点で乗り切りシーズン9セーブ目を記録した。

    これでオ・スンファンは日米韓通算408回目のセーブをマークし、元中日ドラゴンズの岩瀬仁紀の407セーブを超えアジア通算セーブ記録を更新した。

    https://sportsseoulweb.jp/sports_topic/id=16704

    【呉昇桓(オ・スンファン)日米韓通算408セーブ達成 岩瀬を抜きアジア新記録】の続きを読む

    このページのトップヘ